苔の赤ちゃん

数ヶ月前に作ったケト玉。
苔玉など、苔用に配合した土を団子にしたもの。
ケト土:3
富士砂:1
赤玉土:1
くらいの割合。かなり粘土っぽい玉だ。

テニスボールくらいの玉を3コ、余ったのでタッパー(タッパー的な物)に入れてベランダに放置していた。

何気なく、そのタッパーを数ヶ月ぶりに開けてみた。

すると、苔が生えてきている!

びっくり仰天だ。

苔の赤ちゃん

苔の赤ちゃん

苔の赤ちゃん

苔の赤ちゃん

苔の赤ちゃん

たぶん、苔をいじった後の手で団子をこねたかなんかで、苔の胞子が団子に付着していたのだろう。

封をして数ヶ月たっていたのだけれど、タッパーの中は水滴でびちゃびちゃだ。蓋の裏側などに結露?している。

たぶん、土の中の水分が蒸発して、密封されて行き場がなく、タッパーの中で循環していたのだろう。
というくら密封されていたということは、空気はどうだったのだろうか?
苔も光合成をすると思うので、二酸化炭素が必要なはず。
難しいことはわからないが。

今まで苔の本やサイトをたくさん読んだけど、
密封された容器の中で胞子から苔が生えた、みたいなのは見た事も聞いた事もなかった。

僕の肺の中も苔の胞子で一杯なのかなあ。ドキドキするな。
なんかそういう小説なかったっけ。
うたかたの日々?
だったかな?
ボリス・ヴィアンってのは、間違いないと思うんだけど。
肺の中に苔がみっしり生えていたらどうしよう。

“苔の赤ちゃん” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です