BILLY @ IKEA 組立編

先日買ったイケアのビリー4本、組み立てました。
元々2本にしようか3本にしようか迷っていたところ、限定が4種類ということで、勢いにのって4本購入してしまったので、オフィスに4本収めるのは結構大変でした。

子供の頃、学生の頃は、新しい本棚購入なんてもの凄いイベントで、本を並べるのが楽しくて楽しくて。
この段は文庫本の小説を並べようとか。

そういう高揚感は全然ないですね。
並べる物も本よりも、玩具の在庫などが多いし。楽しいというよりメンドクサイ。

今までビリーは何本か買ったけど、少しずつ改良されていますね。改良というより改悪かな。
一番変わったのは、背板。昔は80センチ X 200センチの1枚板だったんだけど、今は3分割されていますね。
これによって、パッケージの状態が非常に運びやすくなったけど、完成時の見た目はグレード落ちたよね。

それと、よく家具で使う板と板を接続する金具なんだけど、以前は亜鉛のような金属だったのがプラスチックに。
それと稼働棚用のダボが、パーツの容積を減らすため?お玉のような中空構造に。

エニウェイ、安いけどね、ビリー。この値段ならそんなに文句言えないよね。

しかも限定版、こんな変なプリントの家具って、普通は少数生産で高額だよね。ですよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です